サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい
スポンサーリンク

起業を夢見るすべてのサラリーマンへオススメの一冊

資本家になるか、雇われサラリーマンとして生きるか。多くのビジネスマンが悩みの中でいつかは夢見る「起業」ですが、世の中そんなに甘くはない。飲食店の企業は簡単だ、と言われていますが、起業した先には「地獄」が待っていると。

「起業はやめた方が良い」と結論付け、代わりに「小さな会社を買うこと」をおススメしています。

本著は、そんな世の中の会社員、サラリーマンに向け、300万円という金額で、小さな会社を買うことその意味と、具体的な買い方に至るまで、詳細に説明してくれています。

著者はベンチャーキャピタルの代表取締役を務める三戸 政和

株式会社日本創生投資 代表取締役社長。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A、株式上場などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行なっている。また、事業再生支援を行う株式会社中小事業活性の代表取締役副社長を務め、コンサルティング業務も行なっている。
引用:https://gendai.ismedia.jp/list/author/masamito

ベンチャーキャピタルの代表取締役を務める三戸さん。実際に数多くのベンチャー投資やM&Aの経験を持った著者が、我々サラリーマンの視点でも具体的に「会社を買う」ということに対して指南してくれます。

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい:目次

  • 序 章 「人生100年時代」は資本家になりなさい
  • 第1章 だから、起業はやめておきなさい
  • 第2章 飲食店経営に手を出したら「地獄」が待っている
  • 第3章 中小企業を個人買収せよ
  • 第4章 100万の中小企業が後継社長を探している!
  • 第5章 「大廃業時代」はサラリーマンの大チャンス
スポンサーリンク

会社を買って資本家になろう

ビジネスマンには大きく2つのタイプしか存在しません。朝の満員の通勤電車に乗り、夜遅くまで働くなど、時間を切り売りしながら給与を得ている「こちら側の人間(雇われサラリーマン)」と、自由に休みが取れ、好きなことを好きなようにやっていても、お金がお金を生む「あちら側の人間(資本家)」です

サラリーマンは、雇われの身です。労働時間を切り売りしている限り、どんなにトップに上り詰めても億万長者にはなれません。せいぜい、上場企業の役員になり、資産形成は数千万というところでしょうか。

本著で書かれる「あちら側の人間(資本家)」というのは、日本で0.14%しか存在しない、純資産5億円を超える「超富裕層」を指します。サラリーマンでは、死ぬまでにこれほどまでの資産を作ることは難しいです。

しかし、会社を買って、売り上げを作り、利益を創出し、会社という「箱」の価値を上げていくことで、労働対価としての給料だけを得ていた時とは比べ物にならない楽の利益を手にすることができるようになります。

まずは、労働対価の給料から、箱を持つことによる利益拡大へマインドシフトすることが重要です。

起業の成功率は0.3%以下

ベンチャーキャピタルの代表取締役を務める三戸さんですら、起業は「千三つ」という確率のものだと言っています。現代日本においては、起業することそのものは難しいことではありません。2006年に法律が改正され、誰でも1円企業ができるようになりました。

しかし、起業するということは、会社を作ることではなく、「事業を作ること」です。サラリーマンで、本当のゼロからイチを作ったことがある人はほとんどいません。「新規事業を立ち上げたとがある」という人でさえ、その会社の、ブランド、資金、人的リソース、ノウハウなど様々なものの支えを経て為し遂げたことだからです。

本当の意味での「ゼロイチ起業」というものは、サラリーマンからすれば、本当に縁遠いものなのです。そんなサラリーマンが資産家になるためには、既にある「箱」を買う、会社を買う=事業承継のほうが近道であることがわかります。

サラリーマンでも経営スキルを身に着けている

大企業でOJTを含めて様々な経験をしている多くのサラリーマンが、経営スキルがない、と結論付けることは誤っています。大企業の中で管理職をしている方などであれば、マネジメントスキル、会計知識、営業力など、数多くのスキルを身に着けています。そんなスキルが、世の中の後継者がいない中小企業は、のどから出が出るほど欲しいのです。

人材不足の昨今、後継者不足で困っている中小企業は数多く存在します。そんな後継者に自らがなる、そんな新しい人生も「あちら側の人間(資産家)」になるために考えてみるのも良いのではないでしょうか。

最後は人生に投資をするものが勝つ

会社を事業承継することは、それも一つの投資活動です。その投資で勝っていくことで、人生の勝者となることができるのです。冒頭に書いた、資産家になるためには、そのような投資が必要になります。

300万円は決して小さな金額ではありませんが、それでも会社を持つことができると考えれば、これほど費用対効果の高い買い物もないのではないでしょうか。

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい:まとめ

本著では、会社を買うことの意義、資産家になることのススメなど数多くの考え方と、具体的な「会社の買い方」なども、WEBサイトなどの紹介を交えて記載されています。

サラリーマン「だけ」のまま人生を終えることに疑問を見出している方や、単純にお金持ちになりたい、という気持ちを持った人にオススメの一冊です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事