恋愛工学の教科書
スポンサーリンク

ツイッター人気アカウントゴッホ氏の著書『恋愛工学の教科書』

皆様、「恋愛工学」という言葉をご存知でしょうか?一世を風靡した恋愛小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』の中で語られている恋愛理論です。

 

恋愛工学とは、進化生物学や心理学の研究成果、金融工学のフレームワークを使って、恋愛を科学の域にまで高めたものです。

出典:恋愛工学の教科書(ゴッホ)

これまで、藤沢数希さんが配信しているメールマガジン『週刊金融日記』によってその理論が展開されていましたが、ツイッターでも人気アカウントゴッホさん(@goph_)によって、その要点をまとめてくれている本著。

初めて恋愛工学というモノに触れる人から、既に恋愛工学理論を活かし、プレイヤーとして活躍している方々にとっても、改めて読み直す価値のある著書となっています。

恋愛工学の教科書はビジネスマンにもオススメの一冊

基本的な書評に加えて、30代ビジネスマンであるヤマシタが読んだ、「ビジネスの現場で生きる」観点で気になったフレーズなどをピックアップしています。恋愛工学はビジネスに活かせるのか

今回の『恋愛工学の教科書』は、とっても具体的にわかりやすく恋愛工学についてまとめられているので、かなり恋愛理論についての考察が多くなってしまっています。

しかし、30代男子が読んでもまだまだ使える恋愛理論は展開されているので、ビジネスマンだけでなく、純粋にモテたいという方に対しても、本著の感想をお届けします。

結論、この本を読んで恋愛工学をマスターすれば、あなたにはきっと彼女ができることでしょう。

『恋愛工学の教科書』ピックアップフレーズ

ここでいくつか気になったフレーズをご紹介します。

『99%の男は、自分から行動を起こさなければモテない』

本当にわずか1%の割合で、自然と女性にモテる男性というのがいるそうです。恋愛工学が必要ない男です。
ヤマシタの周りにはそのような印象を持った男性は見たことがありませんが、ほぼすべての男性は、自ら行動を起こさなければモテないということは、頭に入れておく必要があります。
「なんとなくモテる、ということはない」ということを心に留めていかなければなりません。

また、男性の人生の各フェーズにおいてはモテ要素は大きく変わり、ヤマシタの30代は「仕事ができる」ということがモテ要素に当てはまるようです。
そして、このモテ要素というものはある程度普遍的であるため、次のフェーズでのモテにつながる努力をした方が費用対効果は高いそう。40代からは、「カネがある」ことがモテ要素になります。仕事を頑張って金を稼ぐことで、モテスパイラルに入る一つの手段になりうるということですね。

女の子は好きになった男とセックスするのではなくセックスした男を好きになる

この言葉は、恋愛工学における基本的かつ本質的な観点。大きく2つの理由から、女の子はセックスした男を好きになるといいます。これらは、人間の進化の過程の中で、生き残るためのセックスという分析からなる理由なので、全体最適をした際にとても妥当性の高い理由であるように思います。

世の中のドラマやマンガで見ている恋愛は、一種のプロパガンダであるとも語られています。たしかに、友達から恋人になるケースも多々あることと思いますが、ことヤマシタにおいても、ビジネスシーンで成功を収めていた時に彼女ができ、その子は同僚の女の子でした。「仕事ができる」というモテ要素がうまくはまったケースだと考えれば、これらの理論があながち机上の空論ではないことはヤマシタの実感としても感じるところです。恋愛工学においては、まず女性とセックスすることが重要であると言われています。

人が一番好きな話題は自分に関する話題

「コールドリーディング」というテクニックが恋愛工学の教科書では紹介されています。デートとは、つまるところ「お互いのプロフィールを紐解く作業」に過ぎないといわれていますが、まったくもってその通りであり、そこから先に行くための情報収集をしているおよそ2時間といっても過言ではないでしょう。

コールドリーディングとは、この情報収集のために使うテクニックの一つで、本著では「当てっこゲーム」と言い換えられています。

単純に「兄弟いるの?」「いるよ」では面白くないので、「兄弟いそうだよね」から話を展開した方が盛り上げやすいのと、ディスりやすいということです。(ディスリスペクトとは

これは、営業の現場でも普段から駆使されているテクニックの一つであり、
〇〇さん/御社って、〇〇に困っていそうですよね?」なんていう質問の仕方をすることで、イエスでもノーでも会話を展開することができます。あまりにもとんちんかんな質問をすることはネガティブな印象にも移りかねませんが、ある程度情報収集したうえで臨む現場の商談においては、相手のことをより話してもらい、未来の提案のクオリティを上げるために必要なステップであるといえます。

せっかくゲットしたLINEは最後まで有効活用しよう

「ザオラルメール」という言葉をご存知でしょうか。RPGゲーム、ドラゴンクエストの呪文「ザオラル」は瀕死の見方を生き返らせることのできる呪文ですが、その成功確率は半分。それになぞらえた、一度既読スルーなどを食らってしまった女の子に送るメール/ラインのことです。復活する確率が半々というところから名づけられれています。

ヤマシタもことあるごとにまとめてザオラルラインを送ることもありますが、ビジネスにおいていえば「名刺」がこれに使えますよね。

一度疎遠になってしまった人ともう一度お近づきになりたい、なかなか女の子を口説くのとはわけが違うかもしれませんが、「一度作ったご縁を無駄にしない」という点においては重要な示唆を与えてくれます。

イベントごとで「あけおめ!」と送るラインと、年賀状を送ることは似ていますね。

ザオラルメールの具体的なやり方については、Twitterなどでもたくさん画像を交えて流れているので割愛しますが、「1回のNGで諦める必要はない」という本著のメッセージは、そのままビジネスシーンに活かすことができます。恋愛工学のテクニックは、営業現場でも使える一例となります。

スポンサーリンク

恋愛工学の教科書:まとめ

これまでに「恋愛工学」という言葉に触れたこともないような人にとっても、補足なども交えて説明されており、非常に読みやすくまとめてくださっています。

ただ、最終的にゴッホさんも述べていますが、「理論を学んだだけでは1ミリの価値もない」ということを強く仰っています。恋愛工学の教科書を読んだ「だけ」の自分には価値がないということですね。

実際にこうした教科書的なノウハウを発信して下さっており、ヤマシタも読んだときには「できそう」という感想に浸りました。

しかし、実際の現場は違います。これは、ことナンパに限った話ではありません。特にビジネスの現場では、頭でっかちになってしまい、何の行動も起こせない、というプレイヤーは、基本的には成功している人は少ないと思います。成功事例を自分のものにするためには、まずはやってみる、という経験がとても大切なことは言わずもがなだと思います。インプットからのアウトプットが何よりも重要なのです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事